• HOME
  • ブログ
  • マンガ
  • マレーシアから見る、英語版マンガの読み方① ーなぜ英語版のマンガの台詞は、すべて大文字で書かれるのか?ー

マレーシアから見る、英語版マンガの読み方① ーなぜ英語版のマンガの台詞は、すべて大文字で書かれるのか?ー

こんにちは、日本デザイナー学院マレーシア校スタッフです。
私達は現在マレーシアで、NDSの新しい姉妹校の開校準備しています。
現地のスタッフが日々痛感するのは、実際に住んでみて初めて分かるマレーシアの奥深さ。そんなまだまだ日本では知られていない、コアなマレーシアのデザイン、サブカルチャー情報を、定期的にお届けします!

 

Apa khabar?(アパ カバー/お元気ですか)
日本デザイナー学院マレーシア校からお伝えする、本日のテーマは英語版マンガの読み方

多民族国家であるマレーシアでは、英語、マレー語、中国語で描かれたマンガを買うことができます。そんな恵まれた環境ながら、残念なことに当スタッフは英語版だけしか読めません……。
しかし、英語版マンガだけでも、日本のマンガと異った気になるポイントがたくさんあります。今回はそんなポイントで、特に不思議だった“なぜ英語のマンガの台詞は、すべて大文字で書かれるのか?”についてまとめてみました。

英語で描かれたマンガを読む際、英語ビギナーがまず面喰うのはその読みにくさ!私達が教科書などで慣れ親しんだ大文字と小文字が入り混じったスタイルではなく、すべての台詞が大文字で書かれているからです。こうなると人称代名詞や固有名詞の区別がつきにくく、知っている単語でもなかなかスラスラ読めません。

では、なぜ英語のマンガの台詞は、このように大文字で書かれるのでしょうか?実はこの問題、いまだ英語圏でも結論は出ていません。
その中で、説得力のある2つの説をご紹介します。

①手書きフォントの視認性を上げるため

初期の英語版マンガは、今のように打ち込んだフォントではなく、手書きで台詞が書かれていたそうです。また、今ほど印刷技術が発達していなかったため、文字が欠けてしまうことが多々ありました。その為、小文字よりもそれぞれのフォルムに差の付いた大文字が使われるようになったという説です。確かに小文字の「i」や「l」などは、一部が書けてしまうと判別がつきにくいですね。

②フォントのベースラインを揃えることで、レイアウトをしやすくするため

個人的に大本命の説はこちら!
グラフィックデザインの勉強をしたことがある人はご存知かもしれませんが、アルファベットは日本語よりもなかなかレイアウトしにくいんです。もちろん、私達が日本語に慣れているという点もありますが、アルファベットの鬼門はなんといってもベースラインからはみ出るディセンダー。

ディセンダーとは、「g」や「j」などに見られる、ベースラインの下にはみ出た部分のこと。このぴょこんと飛び出た部分があると、吹き出しの形によっては収まりが悪くなってしまいます。一方大文字は、アゼンダラインとベースラインの間にきっちりと収まっているので、小文字に比べるとレイアウトが簡単なんです。読みにくさはひとまず置いておいて、レイアウトのしやすさを考えると、確かに納得できる説かもしれません。

このように日本語以外の言語で書かれたマンガを読むことで、新しい発見がたくさんあります。昨今、日本語で描かれたマンガが国外で翻訳されることは、決して珍しいことではありません。各国のマンガ事情を知ることで、マンガ制作に役立つこともあるかもしれませんね!

 

英文記事

How to read English manga from Malaysian Perspective ①
-Why are the English manga lines written in capital letters?-

 

Apa khabar?
In today’s theme, Nippon Designers School Malaysia will introduce you on how to read English manga.

In the multi-ethnic country, Malaysia, you can buy manga written in English, Malay and Chinese.
Unfortunately, in such a rich linguistic environment, our staff can only read the English version…
However, the English version of manga alone has many aspects that make it different from Japanese manga.
That is why we will explain why all English manga lines are written in capital letters.

When reading manga written in English, the first thing that English beginners have trouble with is the difficulty in reading!
This is because all the lines are written in capital letters and not the mixed uppercase and lowercase style that we are used to in textbooks.
When this happens, it is difficult to distinguish between pronouns and nouns, and it is often the case that you might not recognize a word you know.

So why is English manga written in all capital letters like this?
Actually, this problem seems to be something that is hard to explain even in English-speaking countries.
Among them, we would like to introduce two convincing theories.

① To improve the visibility of handwritten fonts

It seems that early English manga was written by hand instead of using the font that is used now.
Also, printing technology was not as advanced as it is now, so alphabets were often missing.
Therefore, instead of lowercase letters, different forms of uppercase letters used became the norm.
Certainly, it is difficult to distinguish lowercase letters such as “ i ” and “ l ” if written by hand.

② To make the layout easier by aligning the font baselines

Personally, this is my favorite theory!
If you have studied graphic design, the alphabet is harder to layout than Japanese characters.
Of course, since we are accustomed to Japanese, but the weak point of the alphabet is the descender that goes beyond the baseline.

A descender is a part that protrudes below the baseline, which is seen in alphabets such as “ g ” and “ j “.
If there is a part that pops out, it will not fit depending on the shape of the speech balloon.
On the other hand, uppercase letters fit snugly between the ascender line and the baseline, so the layout is easier than lowercase letters.
Aside from the difficulty of reading, it may be a convincing theory considering the ease of layout.

There are many new discoveries just by reading manga written in languages other than Japanese.
Nowadays, it is not uncommon for manga drawn in Japanese to be translated abroad.
Knowing the manga scene in each country may be useful for manga production!

関連記事