クリエイティブの祭典「Adobe MAX 2021」

2021年10月27・28日の2日間、オンライン上で世界中のクリエイターが毎年注目するイベント「Adobe MAX(アドビマックス)」が開催されました。

クリエイターならみなさん知っている「Adobe(アドビ)」ですが、初めて知る方も多いと思います。
Adobe(アドビ)とは、世界中で使われているデザインの作成や写真の編集、映像、音楽、WEBなどの作成アプリケーションを提供している、アメリカに本社のある業界最大手ののソフトウェア企業です。

「Adobe MAX」は、このAdobe社が毎年最新の技術や製品を発表したり、著名クリエイターの講演や創作活動に役立つノウハウを発信するイベントで、世界中のクリエイターが毎年注目しています!

協調性クリエイティビティの実現

まず今年のメインのキーノートで大きく発表されたのは、協業でクリエイティブを作成するための未来の姿でした。

Adobe Creative Cloud スペース

クリエイティブチームがデバイスや場所を問わずプロジェクトに必要なファイルや素材、外部リンクなどあらゆるものを共有デジタルスペースに集約し、いつでも、どこでも、誰とでもアクセスすることが可能になり、意思決定がよりスマートになります。

Adobe Creative Cloud カンバス

複数のプロジェクトファイルを自由にレイアウトできるカンバス上でメンバーに共有し、リアクションやレビューなどをリアルタイムでコミュニケーションしながらオリジナルファイルの編集を行うことができるようになります。

このふたつは現在プライベートベータ版(招待制)での公開となっているので一般公開はもう少し先になりますが、公開されればプロジェクトチームの様々な情報の共有が可能になり、時間や場所に縛られず、今までより伝わりやすいコミュニケーションを行えるようになりそうです。

アプリケーションの新機能

そのほか、アプリケーションの新機能など数多くの発表がありました。
いくつか抜粋すると、

  • Photoshop/AIが風景を自動生成してくれるなどの新しいニューラルフィルターの追加
  • Premire Pro/音声のテキスト化機能の強化、音楽ファイルの自然な短縮などをしてくれるリミックス機能
  • Illustrator/3D機能が新しくなりマテリアル機能が追加、リアルな3Dオブジェクトが作成可能に
  • Character Animator/顔のみのトラッキングから、体全体のトラッキングが可能になる「ボディトラッカー」機能を追加
  • Fresco/描画レイヤーにモーションを追加する「モーションとアニメーション」機能の追加

ほかにもさまざまなアプリケーションで新機能が登場しています。
ぜひAdobeアプリケーションの〈2022〉へのアップデートで体感してみてください!

スタークリエイターによるセッション

新機能の発表以外にも、トップクリエイターのオンラインセッションもAdobe MAXの見どころです。

<人生、クリエイティブに楽しみたい!/渡辺 直美>
<佐藤可士和の思考とデザイン/佐藤 可士和>
<Photoshopが凄すぎた!SNSで映える写真加工法教えます/元満 文音>
<3分で描ける! Illustrator 使いこなし特選チュートリアル集/イラレ職人コロ>
<縦型動画でバズる!Premiere Proで心に刺さる「エモい」動画制作/徐 永賢>
<魔王直伝!Abobe Frescoでエモくかわいい絵を描く方法/ディープブリザード>

などなど、クリエイティブの様々な分野の魅力的なセッションが数多くあります!

10月27・28日に開催されたAdobe MAXですが、オンラインコンテンツはAdobe ID(無料で作成)を持っている方ならこれから1年間いつでも何度でも見返すことができます。
今年のAdobe MAX 2021、チェックがまだの方は世界のクリエイティビティを成長させるAdobeの最新技術とセッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事