「異世界転生」はありえるのか!?/マンガに出てくるアレを深掘り!#02

【異世界転生】

マンガやライトノベルの世界では
よく登場するこのシチュエーション。
現代科学ではこの
「異世界転生」は説明がつくのか。
調べてみました。
「異世界転生」
現代科学の言葉に変えると

「並行宇宙(パラレルワールド)」

この並行宇宙(パラレルワールド)については科学者や専門家が存在の可能性について研究されています。
しかし記事の冒頭ですが、
残念ながら現時点でパラレルワールドが存在しているという物的証拠はありません。
ですが一部の科学者は今も研究を続けています。
それは並行宇宙(パラレルワールド)が存在するかもしれないということには変わりないからです。
パラレルワールドを少し理解するためには
マルチバース(多元宇宙)を知る必要があります。

 

マルチバースとは何か
ユニ(1つ)バースに対し、マルチ(複数)バースとは、観測できない別の宇宙が存在するという概念です。

そもそもなぜマルチバースの概念が生まれたのか、それは
宇宙が1つしかないとすると、私たちの宇宙のすべての性質を説明することができないからです。
各種の物理定数はなぜこのような値なのか、恒星はなぜ、この量のエネルギーで輝いているのか、など私たちの物理学理論ではこの疑問に答えることができません。
これらの謎を説明する方法は2つ
宇宙の特性を説明できる、新しく優れた理論が発見される。
もしくは、
宇宙は複数存在しており、私たちはそのうちの1つに快適に暮らしているだけ。
と考えることである。
そもそも宇宙が誕生し、私たち生物が生きていける環境が生まれる可能性というのは計算すると恐ろしいほど稀な確率である。
そのマルチバース理論にも考え方の違う種類に分かれている。

 

泡宇宙モデル
これは宇宙がビッグバンにより生まれた直後から泡のようにいくつもの宇宙が作り出されている、という理論である。
この泡の宇宙それぞれが性質が違っており、私たちの常識がまったく通用しない宇宙もあれば、逆にそっくりな宇宙も存在するだろう、という考え方である。
マンガ的に考えると、この理論だと地球の常識とは違ったモンスターなどが出てきてくれそうな可能性を感じる。

 

多世界解釈(エベレット解釈)
これは、私たちの生活そのものがいくつもの宇宙の重なりでできているという考えで、
私たちが何かを選択するたびに宇宙が分岐して異なる現実が生まれる、というものである。
なにかを選択した自分と、別の選択をした自分とは違う宇宙に分岐してパラレル的に同時に存在するという考え方。
こちらはなんとも「世にも奇妙な物語」のような世界観だ。
正しい選択をしないと何度も同じ日を繰り返してしまうみたいなストーリーに繋がりそうである。

 

マルチバース間は移動できる?
マルチバース間の移動
つまりは「異世界転生
これは現実に可能なのでしょうか?
残念ながら現代の物理学が根本的に間違っていなければ、マルチバース間の移動はできないものと考えられています。
しかし、逆に言うと
現代の物理学が新しく塗り替えられるような優れた理論が発見されれば、その現実も変わってくるということにもなります。
SF、ファンタジー、マンガ、人の想像力で作り上げられた物語と化学の理論が結びつこうとしているこの話題、余計にワクワクしてきますね。
私たちが生きている間に、この研究の新たな展開を目にできることを楽しみにしたいですね。

 

関連記事