オモシロ創作グッズ紹介 vol1 「キラッ!箔押し加工が自作できるアイテム紹介」

みなさん、

印刷物のデザインを作るときに「箔押し」に憧れたことはないですか?

キラッと光る金色や銀色のアクセントが自分のデザインにも使えたら

それこそ箔が付きますよね!

しかし本物の箔押しは印刷会社に頼むと高価ですし、

少数の印刷物のためにそこまでお金をかけるのは気が引けます、、

しかし、今回ご紹介するのは自分で簡単に箔押しができるアイテム「スタンピングリーフ」です。

使い方を簡単に説明すると、箔押ししたいデザインをコピー機で印刷し印刷されたデザインの上にスタンピングリーフを重ね、アイロンで加熱しながら押し当てるとデザインの印刷面に箔が定着するというものです。

今回は金色のスタンピングリーフを準備しましたが制作・販売されている<吉田金系店>さんでは様々な種類のスタンピングリーフがありますのでいろいろ探してみてください。

ではさっそくやってみたいと思います。

①箔押ししたいデザインを印刷

まずは箔押ししたいデザインをトナー式のコピー機かレーザープリンターで準備してください。

家庭用でよくあるインクジェットプリンターでは箔が付かないので注意してください。

デザインは黒のみで作成し、しっかりと濃ゆく印刷してください。

②デザインにスタンピングリーフを重ねる

アイロンの下敷きとして使うのは普通のアイロン台だと柔らかすぎて上手にできないので、今回は100均で購入した木の板を下敷きにします。

木の板じゃなくても電話帳など、熱に強くて柔らかすぎないものを下敷きにすると良いでしょう。

下敷きの上に印刷したデザイン物を置き、スタンピングリーフを重ねます。

スタンピングリーフはすごく薄いもので少しの風でも動いてしまいます。

位置を固定するためにマスキングテープで軽く留めます。

③スタンピングリーフにアイロンをかける

準備ができたらアイロンを当てます。

アイロンの温度は高すぎるとシワができてしまったり、変色してしまったり失敗の原因になってしまいます。

140〜150℃(中温度)の設定にしましょう。

アイロンが温まったらスタンピングリーフの上から押し当てながら滑らせます。

押し当てるムラが無いように繰り返し滑らせてください。

④スタンピングリーフをゆっくり剥がして完成

マスキングテープと共にそっとスタンピングリーフを剥がします。

金箔がデザイン面に定着されていれば成功です。

アイロンを擦りすぎて金色の汚れが付いてしまった場所は布などで拭き取ることができます。

いかがでしたでしょうか?

アイロンの力加減や温度の設定など、何回か練習をするとコツが掴めてくると思います。

スタンピングリーフは1パック10〜20枚入りで数百円で購入できるので1パック購入すれば練習も充分できるのではないでしょうか。

ぜひ自分でできる箔押しアイテム

「スタンピングリーフ」を使って自分の作品をアップグレードしてみてください。

 

横山淳平
2009年、専門学校日本デザイナー学院九州校グラフィックデザイン科卒業。福岡市内の主に印刷媒体を手掛けるデザイン事務所勤務の後、日本デザイナー学院九州校にて教務課として勤務。Adobeソフト基礎授業講師、カリキュラム編成など担当。2021年、日本デザイナー学院東京校コンテンツ事業チームとして勤務。
福岡県美術協会会員
福岡文化財団賞 受賞
県文化団体連合賞 受賞

関連記事