憧れのシーリングワックス!!/オモシロ創作グッズ紹介 vol3

2021年もそろそろ終わろうとしています。
この時期になるとクリスマスやお正月など、大切な人と過ごすイベントも増えてきますね。
日頃の感謝の気持ちを込めたお手紙やプレゼントなどを送ることもあるのではないでしょうか??

そんなとき、贈り物の装飾も貰った人の気分を上げてくれる大切な要素ですよね。

贈り物の品位を各段にアップしてくれる
アイテムがこちら

シーリングワックス!

今回はコレにチャレンジしてみたいと思います。

”シーリングワックス”とは日本語で言うと「封蝋(ふうろう)」といって、ヨーロッパで封筒や文書、容器に封をするために使われていたものです。

ヨーロッパ系のファンタジー映画や中世を描いた映画で大事な書物でよく見るアレですね。

仕組みは簡単で、ワックス(蝋)を専用のスプーンで熱を加えて溶かし、封をしたい場所に垂らして”シーリングスタンプ”という金属製のハンコのようなもので押さえて模様を浮かび上がらせるというものですね。

 

ということでさっそくやってみましょう!

まずは専用スプーンでワックスを熱します。

今回の商品はスプーンをロウソクで熱するタイプですが、火をつけたロウソクそのものから直接蝋を垂らすものや、最近の商品はグルーガン形式になっているものも出てますね。

ロウソクの小さな火でゆっくりと溶かしていきます、、、、、

 

だいぶ溶けてきました。3分くらいかかったかなと思います。

そして封筒の封をする場所に、たらぁ~~り、

ここでポイントのようですが、

すぐにシーリングスタンプを乗せてしまわず、すこしだけワックスの熱が落ち着くまで我慢です。

数秒待って、スタンプを乗せます。

ワックスが熱々で柔らかすぎる状態でスタンプを乗せると、スタンプが落ちすぎてしまい厚みが無くなってしまいます。

 

スタンプを乗せてからも10秒ほど待って、ゆっくりと剥がすと、、、

じゃぁーーん!

映画で見るあのファンタジーな封筒になりました♪

これだけでも良いのですが、ここでひと手間加えます。

100均で買ってきたゴールドのペンです。

これでスタンプで浮き出た文字を塗っていくと、、、

おおぉぉーーー

カワイイ!カッコイイ!オシャレ!

浮き出た文字が豪華に!!

 

 

つぎのチャレンジは”マーブル模様”です。

2色のワックスを一緒に溶かし、

 

同様にスタンプ!

すると、、

 

おおぉぉーー

コチラもカワイイ!マーブル模様ができました!

 

他にも、

ドライフラワーを一緒に封をしてみたり、

リボンを一周させ、ワックスを垂らして封をするなんてのはどうでしょう!

 

今回は封筒に封をするための使い方でしたが、接着剤代わりにプレゼントにメッセージカードをくっつけたり、リボンをくっつけたり、手帖や雑貨にデコレーションしてみたり、グラフィックやイラスト、雑貨クラフト系の創作をしている方もアイディア次第で作品のアクセントとして使えるのではないでしょうか♪

シーリングワックスは大きな画材道具店や文房具店でも見かけることもありますが、ネット通販で探すのもオススメです。
スタンプの模様やワックスの種類などいろいろありますので自分のお気に入りのシーリングワックスを探してみてはいかがでしょうか?

 

過去の記事はコチラ↓

関連記事