丸よりも丸い形???「スーパー楕円」とは!?

みなさん、「スーパー楕円」という形
知っていますか?

スーパー楕円(Superellipse)は、長方形と楕円形のちょうど中間にあたる、四角のような丸のような、とても柔らかい印象を与えてくれる形です。

さっそく並べて見比べてみましょう。

正方形正円角丸正方形スーパー楕円
4種類です。

いかがでしょう、

印象で見てみると意外と「正円」って固そうに見えませんか?均一な整った形っていうのはある種の強さがありますね。

柔らかさ」を感じる
角丸長方形スーパー楕円ですが、
スーパー楕円の柔らかい印象の強さはさすがです。
角丸長方形とはレベルが違います。

なんとも触り心地の良さそうな、
柔らかい印象の形です。

 

デンマークの数学者
ピート・ハイン(Piet Hein)氏がデザイン

このスーパー楕円は、フランスの数学者ガブリエル・ラメ(Gabriel Lamé)氏の曲線の研究をもとに、デンマークの数学者ピート・ハイン(Piet Hein)氏がデザインしました。

ピート・ハイン(Piet Hein)氏/André Savik, CC BY 3.0

 

ちなみに数学的な計算式は、

(x/a)n+(y/b)n=1

この[n]が[2]のときは通常の楕円形になり、

[n]が[2.5][3.0]というように[2]以上の数字の場合に
スーパー楕円となるそうです。

[n=2.5]の曲線が最も美しいとされるそうです。

 

スーパー楕円の例 a=1 b=0.75/Ag2gaeh, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

最初はストックホルムにあるロータリー交差点の交通問題を解決するためにデザインされたそうです。
「長方形だと流れが悪い」「楕円だとカーブがきつい」これを解決するためにスーパー楕円が活用されました。

Micha221, CC BY-SA 3.0 <http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/>, via Wikimedia Commons

 

世の中に多く使われるようになった
スーパー楕円

スマートフォンや、アプリのアイコン建築家具のデザインにも多く使われています。

最近ではシヤチハタから「スーパー楕円はんこ」が発売されたようです。
印影の心地よい形もそうですが、持ち手の部分も手に馴染む形状のようです。

画像元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000233.000005556.html

 

〈スーパー楕円〉を
Illustratorで作ろう!

そんな気持ちのいい形状のスーパ楕円を
デザインでも活用できるように、Adobe Illustratorで作ってみましょう。

作り方①/パスを移動させて作る方法

まずは任意の正円を描き、同じ位置で125%拡大した円を作成します。

つぎに、内側の円の四方のアンカーポイントを、外側の円のアンカーポイントにスナップさせるように移動させます。

なんとも簡単にスーパー楕円の完成

作り方②/効果[ワープ]で作る方法

任意の正円を描き、[効果] → [ワープ] → [膨張(-38%)]をかけると完成。
最終的に[オブジェクト] → [アピアランスの分割]でパス化しましょう。

こっちの方が手順は少ないですね。

この方法はTwitterで紹介されていたものです。

できあがった2つを調べてみると、①の作り方「125%拡大」は[n=約2.5]、②の作り方「ワープ膨張」は[n=約3.0]ほどのスーパー楕円のようです。

作り方②の「ワープ膨張」の方で[n=約2.5]のスーパー楕円にするには、膨張の数値を[-23%]ほどにするのが近い形状になるようです。

 

いかがでしたでしょうか。

柔かく美しい印象を持っているスーパー楕円

ぜひ、デザイン制作の際に上手く活用してみてください。

 

文:PicoN!編集部 横山

 

関連記事